2019年5月28日 米FDA(食品医薬品局)は、弊社のイスラエル子会社Corundum Open Innovation Ltd.が運営するファンドが投資するTheranica Bioelectronics Ltd.に対し、米国市場においてスマートフォン制御のウェアラブル片頭痛治療機器“Nerivio Migra®“の販売を許可しました。

Theranica Bioelectronics Ltd. は2016年設立のバイオメディカルテクノロジー会社で、先進的な神経調節と最新ワイアレステクノロジーを組み合わせた治療器を開発しています。

“Nerivio Migra®“は、臨床データによると2時間以内に66.7%の痛みの軽減を図れるとされています。機器を上腕部に装着し、スマートフォンで制御された電子パルスを利用して片頭痛症状を大幅に緩和する仕組みで、頭痛薬のような副作用はありません。

同社は、2019年後半に米国市場において“Nerivio Migra®“を手頃な価格で発売する準備を行うとともに臨床開発を継続し、スマートフォン制御による電子パルス療法の拡大を目指します。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.prnewswire.com/news-releases/fda-grants-theranica-de-novo-to-market-first-smartphone-controlled–acute-migraine-relief-wearable-device-300857281.html?tc=eml_cleartime

  • On 2019年5月29日

0 Comments